×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ > 住宅の特集 > 長期優良住宅
長期優良住宅

特集

長期優良住宅法

平成21年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。一定の基準を満たした認定長期優良住宅は、税制面での優遇などを受けられます。

長期優良住宅の認定基準

長期優良住宅と認定されるためには、各性能項目の基準を満たすように住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、所管行政庁の認定を受ける必要があります。

認定の手続き

長期優良住宅の認定を受けるための具体的な流れを解説しています。

長期優良住宅のメリット

認定長期優良住宅には減税や有利なローンなど様々なメリットがあります。

 

長期優良住宅普及促進事業
地域の中小住宅生産者により供給される木造住宅(一定の長期優良住宅)への助成を行い、住宅供給の主要な担い手である中小住宅生産者による長期優良住宅への取組を促進する補助事業です。1戸当たり建設費の1割以内かつ100万円を限度に補助されます。平成21年8月7日までにエントリーをして、12月11日までに補助金交付申請を行う必要があります。

長期優良住宅先導的モデル事業
住宅の長寿命化に向けたモデル事業の提案を、国が公募によって募り、優れた提案に対して、予算の範囲内において、事業の実施に要する費用の一部を補助しています。「超長期住宅先導的モデル事業」が長期優良住宅法の成立後に「長期優良住宅先導的モデル事業」に名称変更されました。

超長期住宅先導的モデル事業、長期優良住宅が標準的な住宅になる日がゴール(2009.1.19UP)
一般公募により進められてきた超長期住宅先導モデル事業。第二回の採択結果の概要と意義について概説しています。

住宅履歴書の整備、住宅履歴書は住まいのカルテ(2009.1.19UP)
多世代が住み継ぐためのツールになる、住宅履歴書について、その概要と効果を解説します。

長期優良住宅関連情報サイト

 

お役立ちリンク集