×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ > 住宅の特集 > 既存不適格建築物
「既存不適格建築物を安全に」〜安全・安心のまちづくり〜

現在の既存不適格建築物の数は膨大で、一斉に基準に適合させることは困難です。 このため効率的に安全性を確保するため建築基準法の一部が改正されました。 特に多くの人が利用する建築物については地震・火災発生時に大きな被害がでることから、 勧告・命令制度を創設し、罰則を強化するなど厳格な措置が講じされています。 また、同時に既存不適格建築物の改修を容易にするため制度の合理化をはかっています。

既存建築物の安全性を図るための建築基準法の概要

法改正の背景と課題

法改正の概要

既存不適格建築物に対する是正勧告命令制度の創設
建築物に係る報告・検査制度の充実および強化
既存不適格建築物に関する規制の合理化
罰則の強化

国の情報


講習会情報


建築基準法に関する行政情報

建築物ストック対策に関する情報

耐震改修

リニューアル・コンバージョン・リフォーム